ホーム > M字はげ > 自分がなったらどんな髪型と育毛対策をするだろうか

自分がなったらどんな髪型と育毛対策をするだろうか

M字はげに自分がなったら、どんな髪型と育毛対策をするだろうか、とふと物思いにふけってしまった、最近の出来事について紹介します。アナタが、M字はげだったら、髪型や育毛対策をどのようにすすめていきますか。

努めている会社で最近新人が入社しました。

面接に来た時にチラッと見えた姿がいわるゆM字はげでパッと見のイメージでは40代半ばくらいの人かな、という印象でした。

何度募集しても続く人がいなく、もう3年以上新入社員はいない状況なので、まぁ見た目よりも体力気力が重要だからと期待を膨らませていました。

簡単に自己紹介を済ませると色々と会話をしてみましたが31歳とのこと。

でも、どう見ても40代であって実年齢を疑ってしまうほどでした。

年齢以上に見えてしまうポイントとして、M字はげが目立ちました。

かなり露骨なくらいに。

スポーツ刈り程度の髪の長さでしたが、この髪型ではM字はげが強調されてしまって見た目年齢が実際とは大きく違ってくるのかなと感じました。

では、自分だったらどんな髪型でどんな対策をするだろうか考えてみました。

増毛など多額の費用がかかる対策はひとまず置いておいて、簡単に誰にでもできるような隠し方、ごまかし方。

スキンヘッドにするのが潔くて理想ですけど、職種などで認められない場合もあるかと思います。

髪を伸ばすとどうでしょうか。

前髪でM字はある程度隠れるかと思いますが全体のバランスは人それぞれに鏡をみながら調整が必要になりそうです。

奇抜な髪型、露骨に例えるならモヒカンだったりパイナップル頭だったり。

これが一番実用的な気がします。

奇抜といっても程度は色々と選べるので仕事や学校での規則範囲内で試せます。

そして、M字部分に注目がいかないように目を引く箇所を増やすことで少なくともコンプレックスは軽減されるのではないでしょうか。

自分だっていつはげるかなんてわかりませんし、薬の副作用なんかで髪の毛が抜けることもあります。

自分だったらどうしようか。

いろんな発想、知識はないよりあったほうが得が多いはず。

柔軟な対応ができる人間を目指します。

薄毛の対処方法を試してみよう